メイン画像

デビットカード


デビットカードとは、金融機関発行のキャッシュカードで
買い物代金や何かのサービス代金を直接支払える機能のことです。

デビットカードという名称のカードがあるのではなく、
キャッシュカードで会計を行えるサービス自体のことを指します。

つまり対応の銀行窓口やATMで、銀行口座からお金の出し入れや
送金を行えるカードのことをキャッシュカードと呼び、
そのキャッシュカードの会計機能のことをデビットカードと呼ぶのです。
レジで直接お金のやり取りをしない点ではクレジットカード

とまったく同じですが、その中身はまったく違います。
クレジットカードは利用金額をカード会社が一時的に立て替え、
後日カード名義人が立替金を清算する形をとります。

一方でデビットカード(デビット機能)は、
その利用分をキャッシュカードの引き落とし口座から
直接すぐに清算されるスタイルをとります。

つまり前者は立替え払い、後者は即時引き落としとなります。

会計時にデビットカードは自分の口座からお金を払ってるだけなので、
クレジットカード番号の不正利用のような概念はないのでもの凄く安全です。

その代わりクレジットカードのようにポイントやキャッシュバックを
まったく受けれないか、ほぼ受けれないので実利の面では弱いです。
実利が弱くても安全性を重視する場合に強みのがデビットカードなのです。

ここで余談ですが、デビット機能はネットインフラの発展が遅れ気味な
中国の主要な決済方法として活躍しています。

デビットカードはジャパンネット銀行発行のJ-Debitとか、
楽天銀行やスルガ銀行発行のVisaデビットなどが有名です。

デビットカード