メイン画像

バーチャルカード


ネットショッピングで会計をする際、番号流出を恐れて
クレジットカードで支払うことを躊躇することってよくあると思います。
このような状況のときに便利なのが、ネットショッピング専用の
会計サービスであるバーチャルカードです。

バーチャルカードは「架空のカード」という意味を持ち、
16ケタのカード番号は存在するけどカード自体は存在しないので、
架空のカードと名付けられています。

つまりバーチャルカードにハード機能(カードそのもの)はなく
ソフト機能(カード番号)しか持ち合わせていなので、
店舗での利用は物理的に不可能で、ネットショッピングでしか使えないのです。

で、バーチャルカードがなぜネット会計で便利かというと、
カード番号をいつでも変更できるからです。
いつでも変更できるということは、
ネットショッピング1回行うごとに変更してもいいということです。

このように頻繁に変更していくことで、もし番号が外部に漏れても
そのときにはすでに別番号に変更済みなので、不正利用されることがなくなります。
ということは海外サイトやあやしい雰囲気のサイトで買い物する場合でも、
まったく臆することなく番号を入力できるのです!!

と、ここまではバーチャルカードの特徴とメリットについて
書いてきましたが、もちろん短所に存在します。

それは1ショッピングで使える金額がせいぜい10万円程度におさまり、
高額ショッピングに向いてないことです。

なのでネットで安全に高い買い物する場合は、
そのショップが有名店系列のものかを確認しクレジットカードで会計するか、
あるいは現金振込で買い物するかしか選択肢はなくなります。

逆に数万円以内の買い物ならとことんバーチャルカードを使うのが
最も安全となります。

ここでバーチャルカードの入手方法ですが、
バーチャルカードを発行してる会社のクレジットカードの
オプションサービスとして発行してもらえます。
たとえばエポスカードや三井住友VISAのバーチャルカード辺りが有名です。